弁護士に相談して会社に残業代請求をする

労働環境があまり良くない場合、たとえば残業代の未払いなんかでの問題ですと、会社を相手取って残業代請求したいということがあると思います。一番多いのは、会社を辞めてからの請求ですね。勤めている間には言えないことも、会社を辞めてしまえば出来るようになる、という心理のようです。弁護士などの法律家に相談するのが間違いがないのですが、ただでさえ未払いで苦しくてお金がない、と言った場合には各地方自治体で実施される無料相談を利用するという手もあります。または、他の労働者と連帯して請求をしてみるだとかも有効ですね。タイムカードが早めに押されてしまう、というような場合ですと手帳に記録をつけておくなどのことでも証拠になります。日記でも証拠になることがあるので、ささやかでも日々の記録をしっかりとつけておくことは大切ですよ。

残業代請求は弁護士に

私も正社員として働いていたときはサービス残業なんて都合のいい言葉で残業代が支払われない時代がありました。しかし近年はその辺が厳しくなっているようでパートとして働いていた会社は1分単位で残業代が支払われていて、不満を持つ人や会社も考えて対応しているのだなと思っていました。未払いの残業代請求は退職後でも在職中でも弁護士に相談して請求することが出来ます。そのメリットでもある自分自身でではなく会社側が企業と話し合ってくれます。しかも明細表やタイムカードなどがなくても対応可能だと言います。初期の相談は無料なところがほとんどで、依頼した場合も親身になって細かくアドバイスや質問を頂けます。私たちは時間を割いて会社の為に貢献して働いています。最低限の残業代は支払う義務があります。きちんと納得するまで話し合ってもらい、自分の手元に戻ってくると良いですね。

残業代請求であれば弁護士に相談するとは

残業代請求ということであれば、労働関係の法律にも精通している弁護士に相談することがとても大事です。労働関係の法律は改正がとても盛んになっていることもあり、新しいものになると専門的にこうした事案を扱っている弁護士に限られてくることもあります。専門の弁護士に相談することは何より智恵を持っているからです。様々な事案を担当していることと労働分野に精通していることから、新しい判決などもきちんと理解しています。こうした仕事は多くの人の悩みを解決していくということでもあります。こうした残業代請求ということであれば労働監督署などにかけ込むよりも、法律の専門家に同行してもらって様々な対応をしてもらう方が良いです。監督署なども同行してもらうことですぐに動いてくれることもあります。様々な対応をしてもらうことが出来ます。